Spontaneous Club Meeting
スポンティニアスクラブ交流会
人は唯一人では生きられない。 多くの人や物に支えられ、生かされることによって生きている。
その恩に報いる唯一つの道は、人を生かし、物を生かすことである。 (敬愛する言葉です)

Spontaneous スポンテイニアス という言葉は、自然の摂理に殉じて
自然なということで、自発的な無意識的な自然さを意味します。


趣旨説明
スポンテイニアスクラブ会員費の請求は一切ありません。

人には人の考えがあり、生き方があり、やり方があります。あなたの思いを、心を、考えを、
ここ Spontaneous Club で、生かせていただければと、願っております。 新たな出会いと
新たな親密感が人間の絆として生まれ, 自然に(spontaneously) 育ち、発展して行って
くれれば、、、という思いから設けました、縁ある人間の絆としての集会の名称です。

誰でも自由に参加できる Living Communion で、人々の意識の交流の場です。

人間は、ある意味で、愛し合う為に生まれて来たのだと言えますし、大自然界に愛されて、
育まれて、生まれ出て、大自然界を愛する為に生まれ出てきたとも言えましょう。人と人の
縁ある人間の絆が、世界人類の社会を作り上げて来た事も明白な事実です。
  Internet
を通じて縁ある人々が新たな交信交流をすることで人間の絆が広がっています。Webird
へアクセス賜りました人々が、すべて無条件で、仲良くして下されば、それぞれの人々の
人生に少しでもお役に立てるのではないかと思慮致しております。
  Webird として出来る
ことを尽くし努力いたします。人間としての尊厳を大切にし、人格の進歩向上浄化に貢献で
きれば幸甚に存じ上げます。Webirdへ アクセス下さったすべての人々が自然会員です。

1.International internet web page design-lovers' forum
ホームページ構築とウェッブヘのコンテンツ掲載のありかたについて語り合い
意見を交換し合い、より内容豊富で楽しくて有意義なホームページの制作
掲載運営管理を創造的におこなって行きたいと思っています。

人間の思考能力と知識、技術力、 IT社会へ変化しつつある現実社会への弾力的な
対応力、検索能力、インターネットのウエッブ上に存在するデータベースからの知識
発見力、各種情報の取捨選択力、利用活用力等がより進化して行く為には、今後より
一層コンテンツの内容が進歩向上発展し進化して行く必要性が問われる時代に成って
まいりました。データや知識の内容表現力、表現したい事柄をインデックス(index)として

まとめて総合的に表現する能力、ウエッブページ上で見やすく分かりやすく知的に綺麗
で美しく、一般大衆の人々が平易に簡単に操作利用できる機能性豊かな総括的表現力
とそれらの表現手段や方法における感性の豊かさ、より人間的な親近感の持てる表現
力等がコンテンツの内容に現れ出てこなければなりません。以下の通りの会員に登録さ
せていただき、皆々様と共に日本国内において、また国際的に貢献して行きたいと考え
ております。Adobe(USA) forum, Earthweb(USA)  Forum memberの一人でもあります。


情報処理振興事業協会内、先進学修基盤協議会正会員
IPA: Information-technology Promotion Agency, Japan
先進学修基盤協議会(担当:技術応用事業部)
ALIC: Advanced Learning infrastructure Consortium
遠隔教育及び学習における情報技術の標準化と、
情報技術を活用した教育の推進

情報処理振興事業協会
IPA: Information-technology Promotion Agency, Japan は、
「情報処理の促進に関する法律」(昭和45年5月22日法律第90号)
に基づいて設立された政府関係機関(特別認可法人)です。
情報処理の振興を図るため、プログラムの開発及び利用の促進、
情報処理サービス業等を営む者に対する助成、ソフトウェアに関
する研究開発等の事業を実施しています。
設立年月日は1970(昭和45)年10月1日


財団法人デジタルコンテンツ協会、個人会員
DCAj: Degital Content Association of Japan
「IT基本法」が平成12年11月29日成立し政府の諮問機関としての
IT戦略会議は平成13年からは「e-Japan戦略」(高度情報通信ネット
ワーク社会推進戦略本部)と名称が改められて重点政策分野の実現
に向けて政府関係機関は集中的に取り組んでおり日本がIT先進国
になるためには、ハードウェア、ソフトウェア、そしてコンテンツを同時
並行的にかつ飛躍的に発展させることが不可欠であるところから、

(財)マルチメディアコンテンツ振興協会と(財)新映像産業推進セン
ンターとが統合し誕生した財団法人デジタルコンテンツ協会では、
21世紀の知識創発型情報化社会に相応しい良質なデジタルコン
テンツの制作、流通、利活用を総合的に推進し、特にコンテンツ面
から日本のIT革命の推進に大きく貢献していくことを目指している。
具体的には、良質なコンテンツ制作の推進、最先端のデジタル
コンテンツを国内外に紹介するグランプリ事業、地域の視点を重視
したデジタルアーカイブ事業、デジタルコンテンツと生活との融合に
よる新たな生活文化の創造、ネットワーク上でコンテンツが流通す
るための基盤整備事業、体系的な人材育成事業、知的財産権や
コンテンツ取引の適正化を進めるための法的環境整備への提言な
どを実施し、これら関わる産業の健全な発展を促すとともに、文化
の向上と快適かつ心豊かな国民生活の実現及び国際貢献に資す
ることを目的としています。
設立年月日は2001(平成13)年4月1日


2.Club Members Periodical Meeting
インターネット愛好家(会員と一般の方々)定期交流会を2ヶ月に一回、
大阪の心斎橋近くのBusiness Hotel の一室かレストランで催したいと考えています。
次回の交流会の開催を2016年5月21日(土曜日)に予定しています。

3.Webird Shopping Forum
ウェッブバードショッピング
4.Message/Guest Registry
日常生活や人生に関して、伝えたい事柄や、知りたい事柄などをお寄せ下さい。
又、当サイトをご訪問下さった記念に素直な一言をお寄せ下さい。

但し、Computer や Internet 関連技術問題は専門的な事柄なので除外してください。

May 1, 2016   Kenji Hashimoto