What's Internet ?
インターネットって何?
インタ−ネットとは、こんなもの
ホームページ構築制作の心得,
指針,説明,解説,講座

インターネットとは?
人は、誰でも知りたい見たい何かがあります。その何かを与えてくれるものといえるでしょう。
瞬時に世界的な規模で眼と耳と意識で知覚する情報認識の手段です。そして、それは非常に、
人間的なものです。

検索とは?
その、何かが、何処にあるかを教えてくれるものと言えるでしょう。


ホームページの存在意義と価値とは、こんなもの

インターネットは個人が直接自由自在に利用できる世界的な媒体であり、単なる道具(ツール)で
しかありません。道具は置いておくだけでは意味がなく、人が道具を使うことにより道具は生きて
きます。インターネットという媒体は使う側の人間がどのように使うのか? によって様々な結果
が出て来る道具です。変形自在の道具だからこそ、使う側の意志を適切に表現するコンセプトを、
明確にする必要があります。誰に何を見てもらいたいのか。何を伝えたいのか。を考えて、本当に
人々の役に立つ価値ある ホームページを企画創作、構築制作運営管理 していくべきでしょう。

favorite sites:   bbc,  intel,  cisco,  oracle,  oracle people,  fujitsu,  nec,  sharp,  hitachi, 
toshiba,  toshiba,u.s.a.  sony,u.s.a.  toyota,u.s.a.  ibm,  lotus soft,  microsoft  symantec, 
emc,  eds,  deloitte,  hp,  dell,  tokyo university, 

現状を簡単に説明すると、Windows 95/98/XP/Vista 等の基本ソフトをもってパソコンを操作し、通信ソフトであるブラウザ(Netscape、Microsoft エキスプロ−ラ、他ブラウザ)を起動させて文字、画像、音声、動画が混在する文書のハイパ−テキスト形式のweb上のwwwデ−タのデジタル伝送を可能にし、世界中のデジタルNetwork(通信網)で、世界中のパソコンがそれぞれ接続しているプロバイダ−を通じてwwwデ−タの送受信を可能にし、それらのwwwデ−タ、つまりデジタル情報を利用活用することを、Internet(インタ−ネット)というのである。

インタ−ネットという言葉は今や、日常生活のあらゆる機会に耳にするようになった。しかし、誰と誰がいつどこで何をするという人間関係と、その行動原理が生み出す社会生活とビジネス、政治経済、教育、福祉、学問、芸術、スポ−ツ、レジャ−などに於てどのような価値があり便利さがあり、インタ−ネットそのものの有効性があるのだろうか? インタ−ネットそのものは、単なる情報流通手段でしかないのである。インタ−ネット自体が時代を変えることはない。また、産業、流通、社会、文化のあらゆる領域を革命的に変えるものでもない。しかしながら、インタ−ネットは何故か、人々の内なる世界に内在している「意識」に対して、確実に刺激をあたえ続けている。 何故だろうか? インタ−ネットは、現在という時代の流れの中で不可欠なコンピュ−タ−に対するイメ−ジと、誰でもが、「何だろう」と考えてしまう魅力と、何か「新しい世界」があることを暗示させる雰囲気につつまれている。インタ−ネットを既に利用活用している人々にとっては、益々その魅力と価値に引きつけられる。知性と理性をはたらかせるとより一層素晴らしいものだと感じて来る。人が無識的に求めている自分自身の「意識の進歩向上」の精神をゆさぶるのである。インタ−ネットは、その誕生の環境から判断して非常にヒュ−マンなもの、人間的なものであるからであろう。詳しくは、その誕生と成長の経緯から感得していただけることであろう。

1台のパソコンの前に居る自分が、そのパソコンを通じて日本国内はもとより、世界中の国々や人々と自在につながる。自分自身の存在感を示すことのできるホ−ムぺ−ジを持つこと、また他人のホ−ムぺ−ジを検索し、見ることで、一部であっても「他」を知ることができ、己の欲しい情報を欲しい時に、欲しいだけ手にできる。国家や地方自治体やその他公共機関の情報はもとより、企業や個人や団体の情報が一元的に入手でき、それらを生かし利用できる。しかも、スピ−ディ−に瞬時に、海を越え国境を越えて、隣人と通信しているような気軽さ簡単さで、欲しい情報が手に入る。ホ−ムぺ−ジや電子メ−ルを通じて自分の思いや考えを、自在に表現できるので、それらを聞いてもらえる、見てもらえる。そして、意見交換もできる。パソコン1台で、個人が出版社にも放送局にもなることが出来る。インタ−ネット操作から得られる情報や刺激を、ビジネス活動や、政治経済に生かして利用できる。個人も会社も関係なく、自由にそして自在に、同じ人間という土台の上で、インタ−ネットという通信手段を活用できるのである。故に人の「意識」のありかた「意志」のありかた次第で、そして、利用活用のしかた次第で、インタ−ネットは、時代を変え、産業構造、社会そのものまで、自然に変えて行くパワ−を秘めているのである。人々が自然にスポンテ−ニアスに、より知的に向上進歩してしまうのでより知性や理性を、本能や感情をはたらかせるようになり、それに見合った社会が自然にスポンテ−ニアスに形成されていくことになるだろう。ビジネスに於ても、知的により進歩向上した新しい世界が生まれてくるだろう。

 

インタ−ネットをささえている技術の柱

現代は、情報の処理という点では、コンピュ−タ−社会そのものである。エレクトロニクス技術の進化と情報処理に対する概念の進歩高度化により、文字、映像、音声に集約されるあらゆるメディアがデジタル情報に変換される技術が開発されるに至り、デジタル信号として「統合」されたそれらの情報を、効率的に処理することができるようになってきた。そして、双方向性対話型の情報交換ができるようになったマルチメディア社会が生まれ、成長してきているのである。「デジタル情報」の作成や収集、そのまた加工操作及び送受信を可能にするために、パソコンの基本起動操作ソフト(ウインドウズ 95他)や、文書ソフト、表計算ソフト、CGソフト、映像画像ソフト、音声ソフト、通信ソフトなどが開発されデジタル通信ネットワ−ク網が整備されつつある。その通信回線も、従来の電話線の銅線から、光ファイバ−回線へと進化を続けている。各種大量の情報デ−タを短時間に送受信できるようにするために、デジタル通信回線網、そして、より進化した光ファイバ−回線網の環境整備が、着々と進んでいるのである。デジタルネットワ−クのネットワ−ク化が実現されるようになり、マルチメディアの環境が整ってきた結果、海を越え国境を越えて、インタ−ネットという新しい情報流通手段が生まれてきたのであり、世界中で、このインタ−ネットの知的、効率的利用が爆発的に広がり続けている。

インタ−ネットは個人のメディア

放送などの従来のメディアが、「マス」のメディアであったのに対して、インタ−ネットは「個人」が意識されるメディアであると言える。インタ−ネットでは、個人で所有するパソコンからアクセスし、莫大な選択肢のなかから各自の目的に応じて情報を引き出すことができる。また、個人で作ったぺ−ジは放送局兼出版社となり、しかも世界中に向けて、自分で作った情報を発信できるのである。例えば、核実験反対を訴えたぺ−ジは、このインタ−ネットの特性を活かした情報発信のあり方と言えるだろう。その他に電子メ−ルを使えば、個人間でコミュニケ−ションをとることも可能となり、ネットワ−ク上のテレビ会議システムや、インタ−ネット電話も開発されて、情報伝達の環境は、日々変貌の一途を辿っているのである。

インタ−ネットのこれまで

1969年の秋、IMPというコンピュ−タ−が完成されて、インタ−ネットの基盤が出来上ったと言えるだろう。アメリカの国防総務省(ペンタゴン)の莫大な予算を握っていた高等研究計画局(ARPA)のリックライダ−が、電信士の仕事をコンピュ−タ−にさせようという、バランのアイディアを実行に移したことから始まる。MITリンカ−ン研究所の若き天才ラリ−ロバ−ツ(ARPA情報処理技術室長)が、通信ネットワ−クの設計を担当、ベンチャ−企業BBN社のボブカ−ンが、コンピュ−タ−の開発を担当した。1969年の秋、IMP(Interface Message Processor)1号機が完成、カルフォルニア大学LA校のレオナルドクレ−ンロック教授のもとにそのIMPが設置されたのが、今日のインタ−ネットの真のはじまりとなった。IMPは、今日のル−タ−(サ−バ−と呼ばれるところにある大型コンピュ−タ−のこと)であり、ル−タ−の御先祖様である。ル−タ−と専用線が作っている巨大な網の目のことをインタ−ネットというのである。当初は、IMP同志が0、6 秒単位で自動的にチエックし合って、接続できる相手側のIMPを探し当てることができる、という程度の検索スピ−ドのコンピュ−タ−であった。とにかく、通信相手を探し決定する、そして接続するという「検索の方法」が、完成したのである。

1989年に、セルン(ヨ−ロッパ原子核研究所)に於て、全長27kmに及ぶ巨大な素粒子加速機が、完成したことから、世界中の物理学者がセルンへ集まってきた。しかし、各自が様々な違ったコンピュ−タ−を持ち込み、互換性がないソフトウエアを持ち込んだ為に共同研究が進まなかった。しかし、セルン共同研究所自体では、すべてのコンピュ−タ−がインタ−ネットにつながっていた。そこでティムバ−ナ−ズリ−は、1989年3月〜1990年5月にかけて情報管理に関する1つの提案を書き上げてセルンに提案した。その内容は、インタ−ネットにつながる全員が共通のソフトウエアをパソコンにいれて交信すれば、互いの文章を共有することができるということであった。提案は受理され、彼は1か月で、彼の提案通りの全く新しいプログラムを書き上げた。これを使えば、マウスをクリックするだけで世界中のコンピュ−タ−から芋づる式に文章を取り出すことができたのである。このソフトを彼はWWW(ワ−ルドワイドウエッブ)と名付けた。世界中のパソコンを結びつけるクモの巣という意味である。これがインタ−ネットの世界を大きく変えたのである。つまり最初のWWWがティムバ−ナ−ズリ−氏によって完成されたのである。しかしながらこのソフトは当時世間では、あまり広く普及していなかったコンピュ−タ−「NEXT」のために特別にプログラムされたものであった。というのはセルンで彼が使っていたコンピュ−タ−が「NEXT」であったからだ。

このソフトは、文字情報だけを送受信するためのソフトで、画像や音声を扱うことはできなかった。又、「NEXT」以外の他のコンピュ−タ−との互換性がなかったため、彼は、彼が考案し開発した「NEXT」専用ソフトを他のコンピュ−タ−ソフト専門家達に刺激になると考えて、インタ−ネットを通じてこのWWWを広く一般に公開したところ、イリノイ大学のNCSA(ス−パ−コンピュ−タ−応用センタ−)のNCSAソフト開発グル−プで、このWWWソフトを初めて見た学生マ−クアンドリュ−センと仲間達は、”素晴しいものだ!”と感嘆したのであった。彼等は、「文字だけ」の送受信だった内容を見て、これにNASAの宇宙写真のような素晴しい「画像」が入れば、「より素晴しいもの」になると確信し、1993年1月から3か月間、「絵がでるソフト」の開発に熱中し、とうとう絵がでるだけでなく、使いやすく、楽しめるソフトの開発に成功した。それを、一般的なパソコンにも移植し、NCSAの「MOSAIC」と命名した。そして、これをインタ−ネットを通じて、世界中に公開したのであった。イリノイ大学NCSAの「MOSAIC」開発に参加したのは、若き学生達であった。リ−ダ−として、マ−クアンドリ−セン、アレックストティック、プログラマ−としてル−モントゥ−リ、ロゴマック−ル、その他トムレッドマン、キムステファンソンたちがいた。

ある日ホワイトハウスから、「MOSAIC」開発スタッフの一人であった女性キムステファンソンに対して電話が入り、ゴア副大統領がこの「MOSAIC」を導入したい、ついては、どのようにしてソフトを取り込んだらよいかとの意向を相談してきたことから、世に知られるところとなったのである。世に知れ渡ったことで、この素晴しい「MOSAIC」は、悲しい運命をたどり始めた。つまり官僚達の餌食になってしまったのである。理由は国家的見地から官僚達によるソフト管理がされるようになり、これまで学生達がのびのびと自由に技術開発作業をしてきたことにストップがかかり、官僚達が、あれこれ命令し許可をとらねばならぬようになり、全く物事が進まなくなってしまった。学生たちは悩んだすえ1つの案を考え出した。自分達で会社をつくれば、自分達でこのソフトを管理できる。技術的改良についても自由にできると考えた。ちょうどその頃、コンピュ−タ−ハ−ド業界の有名人ジムクラ−クが、ハ−ド業界からソフト業界への転向を考えていた。ソフト「MOSAIC」を知ることになったジムクラ−クは、イリノイ大学NCSAへ出向き、まずマ−クアンドリュ−センを説き伏せ、シリコンバレ−にNETSCAPE社を創立することを決意し、未来を見通すことのできる頭の良い多くの若者達、イリノイ大学の彼の仲間達、アレックストティック、ル−モントゥ−リ、ロブマック−ルと彼の双子の兄が参加して集まってきてネットスケ−プ社を設立した。彼らが1年前にNCSAで完成したソフト「MOSAIC」より高度なものを開発することを心に秘めて、打倒「MOSAIC」を旗印に、20億円をかけて、より完成された「通信ソフト」を1995年10月に完成し、そのソフトを「NETSCAPE」と命名した。そしてすぐインタ−ネット上でこれを世界中に公開したことから、インタ−ネットは、急速に世界中に広まることになったのである。しかし、この通信ソフトの末尾にソフト使用契約書が添付されていた。それは、 ”このソフトはお試し用です。会社で使う場合は、ライセンスで買ってください。” と記載されていたのである。当時のインタ−ネット人口2000万人。「NETSCAPE」発表から1年半の間に3800万本販売したのである。世界ソフト業界王者ビルゲイツ氏と並ぶソフト業界の中心人物となったのである。インタ−ネットは通信、放送、印刷などのメディア業界、広告、サ−ビス業、ソフト業界、家電業界などあらゆる業界を巻き込んで、間もなく何百兆円産業になろうとしている。各産業はインタ−ネットにより根本的な変革を迫られることになるであろう。

インタ−ネットは、誰にでもオ−プンなネットワ−クを使うので、プライバシ−と秘密を守る方法が、まだ未解決の問題であった。まもなく、ウイットフィ−ルドディフィ−(プライバシ−の守り神と称される物)によって、RSA暗号が完成され、クレジットカ−ドNOのパソコンによる入力によって、インタ−ネットによる商取引上の売手と買手の保障制度が完成し、広く国家行政とビジネスに利用されるようになってきたのである。このように、インタ−ネットは、もともとアメリカの軍事用通信ネットワ−クから誕生、その後研究所・大学などが接続し、学術研究のための情報交換の手段として使われはじめた。やがて通信上の規格(プロトコル)・TCP−IPによって、多くのコンピュ−タ−ネットワ−クの相互乗り入れが可能になった。インタ−ネットが「ネットワ−クのネットワ−ク」と言われるのは、それまで独立していたネットワ−ク同志が、この規格に沿ってお互いに接続したことに由来する。学術研究用から民間利用へ、アメリカ国内から世界へとインタ−ネットは拡大した。現代のような急激な成長に至ったのは、WWWシステムそしてMOSAIC(モザイク)という通信ソフトが開発され、広く利用されるようになったからだと言える。

WWW、そして MOSAIC

WWW(World−Wide−Web、略してウエッブ、スリ−ダブリュ)は、ハイパ−テキスト形式即ち、文字・画像・音声・動画が混在する文書の伝送を可能にしたインタ−ネットの一システムである。それまで文字情報のみがやりとりされていたインタ−ネットの世界を大きく変えたのである。WWWのもう一つの重要な機能に、「リンク」がある。これは、WWWのぺ−ジ上のボタン(通常、青い文字や青い枠のある画像によって表わされる)を、クリックすることでそのぺ−ジから別のぺ−ジへと「ジャンプ」することを指す。このリンクを次々に辿って、世界中のインタ−ネット上のぺ−ジを開いていくことが、「ネットサ−フ」である。MOSAICは、このWWWのデ−タを表示するために、使用する通信ソフト(ブラウザ)で、93年夏にアメリカの研究所で開発された後、ネットワ−クを通じて無料で配布されたことにより、WWWの普及が加速するに至ったのである。現在、WWWのブラウザとして標準になりつつある「Netscape Navigator」は、このMOSAICを下敷きにしている。

95年以降はより高度な機能が次々と開発され、リアルタイムで音声や動画を再生したり、CD−ROMによく見られるインタラクティブな反応を、ネットワ−ク上で実現するソフトも登場してきているのである。

インタ−ネットとパソコン通信はどこが違うか?

簡単に言うと「中央」があるのがパソコン通信、「中央」がなく、全てのコンピュ−タ−が横並びの関係にあるのがインタ−ネットである。従来のパソコン通信というものは、ホストコンピュ−タ−を所有している業者のコンピュ−タ−に全ての情報が一括して集められていて、情報の利用者はそこから必要に応じて情報を引き出すことを意味する。各パソコン通信には必ず管理者(System Operater)が存在し、管理者はホストコンピュ−タ−とその通信ネットの全てについて権限を持っている。

インタ−ネットには、ホストもいなければ管理者もいないのである。インタ−ネット上でやりとりされる情報のデ−タは、世界中のネットワ−クに繋ったサ−バ−(Server)と呼ばれるところの各コンピュ−タ−に蓄積されている。個人又は、会社の所有するパソコンと回線接続契約がされ、サ−バ−のコンピュ−タ−の貸メモリ−金庫に契約された情報量に応じて、各パソコンの「発信したい情報」が全て収納保管されている。これらの情報デ−タ(Data)は、サ−バ−からサ−バ−へ、即ち、各サ−バ−のコンピュ−タ−から他のサ−バ−のコンピュ−タ−へ飛び石上に転送されることになる。世界ネットワ−ク上のサ−バ−のコンピュ−タ−は、横並びの関係にあり、相互に情報を「共有」していると考えることができるのである。また、インタ−ネット全体を管理する組織は存在しない。これはネットワ−ク同志が繋っているというインタ−ネットの構造に起因している。逆に管理する組織がなかったからこそ、ここまで発展したとも言える。ただし、各国ごとに、Network Information Centerという組織があり、ネットワ−ク上のコンピュ−タ−の住所(IPアドレス)が重複しないように管理されている。

ウインドウズ95(Windows 95)とは何か?

Windows 95は、パソコン自体を簡単に、しかも効果的に起動させるために開発された基本ソフト(OS)であり、インタ−ネット(Internet)を利用活用するために必要なすべての操作をわかりやすく簡単にさせてくれるものであり、ホ−ムぺ−ジ(Home Page)の作成、コンピュ−タ−言語(html,Java)の扱い、通信ソフト(NETSCAPE,Microsoft エクスプロ−ラ−等)の起動、写真取込(Scanner)の操作、コンピュ−タ−グラフィックデザイン(CG,Photoshop)の機能操作、電子メ−ル(E−mail)の発信受信操作、ワ−プロ(Word)の打ち込み、表計算(Excel97)の作成、ゲ−ムソフトの起動、CD−ROMの操作などを効率よく簡単に、機能させることのできるソフトであり、パソコンを動かすための、より進化した基本ソフトの1つの名称である。

画面に表示される「メニュ−」の中から、それぞれの仕事内容を示した「絵文字(アイコン)」を選択、マウスで画面上に矢印を走らせ該当する絵文字に、その矢印を合わせることによって画面と対話しながら作業をすすめる。このような方式をGUI(Graphical User Interface)といい、初めてコンピュ−タ−を触った人でも簡単にコンピュ−タ−を扱えるのである。マウスで意図するアイコンを選択すると、画面上に「ウインドウ」と呼ばれる画面が出てくる。そのウインドウに表示されているいろいろな選択肢の中から、意図する内容に見合った項目を選択して操作を進め、求めている答えを得ていくのである。パソコン機能の進化と、パソコンを目的に応じて効率よく「作動」させるためのソフトの出現によって、「情報」を取り扱うことが高度になりより難しくなることではなく、より簡単に子供も大人も障害のある人も誰でもが情報を、双方向対話型に取扱うことができるようになり、パソコンを使いこなせるようになってきたのである。人々が、「ウインドウズ 95・98」を操作して、パソコン同志が、Network(ネットワ−ク)でつながり合うことは、国境をこえて遠隔地間でコンピュ−タ−を使って、共同作業をも行なえるようになる。社会生活において「知的活動」の進歩向上に結びつく。パソコンとインタ−ネットをより高度で創造的に使ってこそ、マルチメディアネットワ−クの価値が高まるのである。

インタ−ネットの効用

各種各様のメディア(媒体)から一方的に発信されてくる全ての情報に対して、人々は日常生活の中で、「受身一方」であり続けてきた「受身的生き方」から「自主性や自発性」をもって、自ら情報を自由自在に「目的意識」を持って、収集し整理統合し、利用するようになるだろう。誰でもが、簡単な操作によって利用できるようになった、パソコンによるパソコン通信とその多重応用作業が、パソコン同志のネットワ−クでつながり、双方向対話型の情報伝達方式が簡単に可能になるので、「情報」を主体的に取扱うことができるようになり、自らが発信したい情報を自由自在に「発信」できるようになってきたのである。これが電子メ−ルであり、インタ−ネットのホームぺ−ジ(Home Page)であり、電子銀行決済などである。自らの個人生活の中で、或いは社会生活の中で、又は、経済社会とりわけビジネスの世界の中で各種各様の多重情報を受信発信し、それらの情報を「人間的思考力と判断力」をべ−スに、パソコンで処理活用することにより、「目的」に応じた情報群を効率的、効果的に生かし利用していく「生き方」ができるようになる。人々は、より創造的に、個性的に、「生きる」ように自然に進化していくようになり、「知的活動」の向上、「人間的判断力」の拡大、「国際的視野、国際感覚」のより一層の切瑳琢磨、「心」の広さ豊かさ、「人の霊性」の開発進化、「人格」の向上などが生まれてくるだろう。それは、我々の住む、この「地球」の未来像に対する想いや、「生命」に対する尊厳の心や、今この地球に生きている我々の「存在価値」とその「あるべき姿」や「使命感」の認識、世界平和の重要性に対して、より一層目覚めることになるだろう。

日本では、平成12年5月7日現在、IT革命が進行中であり、コンピューターウイルスや、
ビジネスモデル特許の脅威、E - ビジネスに関わるいろいろな新たな諸問題が次から
次へと生まれてきて、解決策が検討されてきている状態です。より詳しい事柄は、一人
一人が個人的に勉強されることしかありません。ここでは、これからインターネットを始め
ようとしておられる方々と熟練者の方々に、最も原理的な事柄を記述致しております。
p.s. IT革命の ITとは、Infomation Technology の略語です。

What's New:  Web Design の大切さの解説

Web Energy Bird Net Home
Webird English Home 1   Webird English Home 2

Spontaneous, Inc.(spinc) Home
スポンテイニアス社(spinc) ホームページ

会社その他法人用ホームページ構築、制作、運営、管理に関する価格情報
Web Design, Home Index pages, price information

       Vhlc Homepage School
☆ VHLC ホームページ スクール ご案内 ☆
  We'll guide you all right, and furnish you
   with a reasonable/beautiful Homepage.
 ご納得のいく機能的なホームを創作いたします。 ホームページ構築制作
本格的本物の
Homepageをおのぞみ
の時はご覧下さい。

 Webird, Kenji Hashimoto 橋本健二 国際人
   Multi/Intervenient/Versatile Creator
   Motivational Web Design, Psychology
       ☆ Art & Science ☆
       アート アンド サイエンス
   Multi/International/Artistic/Colorful/
  Realistic/Intelligent/Integral Web Design.
Architectural/Delicate/Sensitive/Intervenient/
   Versatile/Creative Html Frame Layout.
    Humanistic/Educational/Interactive/
  Attractive/Beautiful/Functional Contents.

homepage stylist
web design stylist
HP Stylist
new web design concept
ホームページ スタイリスト
Webデザイン スタイリスト
HP スタイリスト
新しいWebデザイン概念
New Web Design Concept ホームページ スタイリスト Homepage Stylist、Webデザイン スタイリスト
Web Design Stylist としての考え方が必要です。何故?

Web Design、Webデザイン、ウエッブデザインの 基本概念解説
by Kenji Hashimoto, Webmaster, Webird, Web Design Consultant
Wisdom of Web Design, International, 国際感覚 SEO Pro プロ webサイト企画設計デザイン

Webird net home menu
May 1, 2016
All rights 2016 are reserved by webird
net site top Home Page (webird)

Japan, IT development        impotance of contents
what's hot
Profile: former Prime Minister, Jyunichiro Koizumi


WEBIRD:  Web Energy Bird Net  (Webird)  Website Head Office
Spontaneous,Inc. & Madison International Marketing,Inc. Webird Marketing, Inc. Head Office
Kenji Hashimoto VHLC School Head Office

Webird: ウエッブエナジーバードネット  サイト本部 VHLCスクール本部
スポンテイニアス社. & Madison マディソン国際マーケティング社. ウエッバード流通本部:
secretariat@webird.ne.jp